カップ&ハンドル


今回はカップ&ハンドル

このカップ&ハンドル

日本では気をつけている人は少ないと思いますが

欧米では人気のテクニカルだそうです。

相場を操っているの人の多くが欧米の機関投資家なのであれば

このカップ&ハンドル知らないともったいない。

では、下のチャートで説明します。

このチャートは最近のユーロドルで起こっているんですが

収縮相場から一気に下がった相場が反発され

下がり始めた始点に戻ってきました。

ここでカップ&ハンドルを形成すると読み

ショートで入るトレーダーもいると思います。

しかし、確実な方法は右の取っ手部分の形成を待つこと。

取っ手部分がゆっくり調整で下がってくる時に

上昇チャネルを作ってくるとOK。

チャネル下限でロングエントリーします。

今回は綺麗にABCパターンでチャネル上限をブレイクしてます。

チャネル下限でエントリーできなくても大丈夫。

チャネル上限をブレイクした後

押し目が入りチャネル上限を確認しに来て

ロールリバーサルでロングエントリー…という判断もあります。

目標はカップの深さと同じだけ伸びる可能性がありますので

分かりやすいと思います。

では何故このように反応するのでしょう?

一概には言えませんが、考えられることは・・・

CUP.jpg

ショートで入った勢力が

徐々に上げてきた相場にじわじわと殺されていきます。

付け根まで来ると

①ロング勢力が利確します。

②新規のショートも入ってきます。

③頑張っていたショート勢力が諦めて損切りや建値で逃げます。

こういう事情で揉み合いに入りますが

中身はスカスカです。

①②が終了すると、少しの買いでも上がっていくのでしょう。

比較的チャートによく出現しますが

見逃すことも多いので注意が必要ですし

綺麗な形ほどよく反応するのは言うまでもありません。

もちろん、他のテクニカルと合わせて使う…という事を忘れないでください。