サポートラインとレジスタンスライン


FX相場では同じことが何度も何度も繰り返されます。
「サポートラインやレジスタンスラインで相場が反応する」というのもその一つです。FXでは他の相場よりもサポートラインやレジスタンスラインを尊重するような動きが顕著に表れます。

サポートラインとレジスタンスラインを引き、それを利用してトレードするスキルは、とてつもなく重要なスキルです。一旦そのスキルを習得すれば、「安定して勝てるFXトレーダー」にだいぶ近づくことができます。

サポートライン/レジスタンスラインを引くのが最初のステップですが、それだけでは意味がありません。どう利用するかが大切です。

レンジ相場や踊りがが形成されていないか?
トレンド相場なら、プルバック(押しや戻し)はどこで止まりそうか?
今、サポートライン/レジスタンスラインに近づいていく動きの中にいるのか?
今、サポートライン/レジスタンスラインから離れていく動きの中にいるのか?
エントリーしたあとなら、一番近いレジスタンスライン/サポートラインはどこか?

そういったことを意識することで、ラインを利用して優位性のある意思決定ができます。

日足のラインを使え

私が一番お勧めするのは、日足でサポートライン/レジスタンスラインを引いて、そのラインを使って日中足(4時間足や1時間足や15分足)でエントリーするという方法です。

ほとんどのトレーダーに意識される最高のサポートライン/レジスタンスラインは日足上で見つかることが多いです。ですから、日足で引いたラインを使って日中足でトレードするということは、「ほとんどの人が意識しているライン」を使って優位性のあるトレードをすることができるということです。

こうすることで、あまり意味のないエリアでエントリーし、無駄なロスカットを繰り返してしまうのを避けることができます。

「無駄なエントリーを繰り返してしまう」というのはトレーダーにとって致命的なミスです。
日中足だけを使ってラインを引いていると、このミスにハマってしまいやすいと思います。

常に、自分がメインでトレードする時間軸よりも1つ上の時間軸でラインを引くようにしてください。日足を見ている人が世界中で一番多いでしょうから、「どんな時もまずは日足でラインを引く」というのは良い方法です。

月曜日、週の初めにFXトレーダーがやるべきことは、落ち着いて日足を眺め、重要なサポートラインとレジスタンスラインを引くことです。自分がトレード対象としている通貨ペアすべてに目を通します。

それぞれの通貨ペアに2本のラインを引くのが簡単でオススメな方法です。
1本は今の価格よりも下に、もう一本は今の価格より上に引きます。
別の言い方をすると、主要なサポートラインを1本、主要なレジスタンスランを1本、合計2本のラインを日足上で引くということです。

チャートを綺麗に保つことは、プライスアクショントレーダーにとってとても大切なことです。様々なラインを何十本も引くようなことはしないでください。ローソク足を読む感覚が鈍りますから。

サポートラインやレジスタンスラインに完璧さを求めてはいけません。それらは重要なエリアです。過去の値動きで価格が反応したエリアです。

一本の細いラインを引いて、そこで寸分の狂いも無く完璧にチャートが反応することを期待してはいけません。そうではなく、その辺りをエリアとしてとらえ、「ここら辺がまたサポートライン/レジスタンスラインとして意識されるだろうな」ぐらいに考えおくことが重要です。

サポートラインとレジスタンスラインのシンプルな引き方

サポートラインとレジスタンスラインを引く作業は複雑なものではありません。まぁ、複雑にすればいくらでも複雑にできますが、その必要はありません。誰が見ても明らかなポイントにラインを引けばいいです。

こんなふうに考えてください。もしあなたがチャートをぱっと見て簡単に引けるラインなら、他のトレーダーも同じポイントにラインを引いているでしょう。結局、みんなが意識しているラインだからこそ、そこで価格が反応するのです。だからシンプルに考えて、パッと引けばいいです。

トレードの前準備の段階では、私はトレンドラインやトレンドチャネルをあまり引きません。理由は簡単です。10人のトレーダーにトレンドラインを引かせたら、10人がそれぞれ違うトレンドラインを引くでしょう。トレンドラインは主観的なので引き方は人それぞれだからです。

それに比べて水平に引くラインは、けっこうみんなが同じポイントにラインを引きます。もうそこしかないでしょうという感じなんです。だから私は水平のラインの方が信憑性が高いと思っています。

その辺りは個人的な好みなのであれなんですが、とにかく、あまりたくさんのラインでごちゃごちゃにならないようにすることですね。

あと、移動平均線をサポートラインやレジスタンスラインとして使う方法もあります。
これも私はあまり使いません。なぜかと言うと、移動平均線の設定には個人差があるからです。

20日移動平均線を使う人もいれば、75日移動平均線を使う人もいて、人それぞれです。
ですから、トレンドラインと同じで、信憑性に欠けるかなというのが、私が移動平均線に対して持っている印象です。

しかし、移動平均線でチャートが反応することは良くあります。特に200本移動平均線は世界中で人気のある設定なので、表示しておく価値があるかもしれません。

ただ、初心者のあなたは、まずは水平に引くサポートラン、レジスタンスラインだけで十分です。
シンプルに行きましょう。

例えばこれはある日のドル円の日足なんですが、こんな感じで十分です。(私のようにスイングトレードをする場合)

ドル円のレジサポ

赤いラインがレジスタンスライン/サポートラインです。
グレーのラインは今の価格に自動的に引かれるラインなので無視してください。

見ての通り、直近のスイングハイとスイングローに引いているだけです。
この2本は誰が見ても明らかなポイントですよね。

上昇トレンドが継続していくならレジスタンスラインを越えていかないといけませんし、反転するならサポートラインを明確に割り込まないといけません。レンジ相場になるとしても、この2つのポイントでエントリーを狙うことになります。

とりあえずこの2本のラインを引いてそこに価格が近づいてくるまでは手出し無用です。

優位なポイントでエントリーすることはとても重要なことです。なぜなら私たちは大口と同じ側に付きたいからです。

大口は主要なサポートラインに下げていくところで売りポジションを作ろうとはしません。ですから、主要なサポートラインに下げていく動きで空売りしようとはしないことです。

それよりも、サポートラインでのローソク足を見極めて買いを狙う方が賢いです。大口はそこで反転させてくることが多いからです。

そのラインがとても重要なラインなら、その瞬間のトレンドはそれほど重要ではありません。
めったなことでトレンドに逆らうべきではありませんが、主要なラインに向かっていく動きには逆張りを狙う方が有利です。

サポートラインは買い狙い

何度も何度も買われているサポートラインでは買いを狙い、
売られているレジスタンスラインでは空売りを狙います。

ダウントレンドのライン

上のチャートはダウントレンド中の日足のチャートです。
レンジ相場を挟みながら下げていっているのが分かります。

2本の明確なレジスタンスラインと、1本の明確なサポートラインを引けます。
これらのラインまで引きつけてエントリーするのが賢い方法です。

ダウントレンド中ですから、ここからサポートラインを下にブレークアウトしていく可能性の方が高いです。ですから、サポートラインをブレークアウトするのを待ち、プルバック(戻り)で空売りを狙うという戦略になります。

しかし、レンジをブレークアウトするまではレンジ相場ですから、それまではレジスタンスラインで逆張りをする戦略をとります。

もちろん、「まだレンジが続く」もしくは「相場が反転して上昇トレンドになる」という読みがあるなら、サポートラインで買いを狙うのも全然ありです。