仕掛け売りとは ショートカバーはとは


仕掛け売りとは騙し上げとは逆の状態で、その株を安く買い集めたい投資家が、一度わざと株価を下げて個人投資家が売り出した所を買い集めていく手法のことです。

ただし、騙し上げ同様、下がる株価を見て「これは仕掛け売りだな」と判断する事は難しく、実際にはその後上昇しないまま下げ続けることもありますので、保有している株価が下げた場合には、一度売っておいた方が良いでしょう。再び上げだしたら徐々に買い戻せば良いのです。

仕掛け売りの同義語として振るい落としというものがありますが、振い落としは上昇相場の過程で意図的に株価を落とすような行為ですが、仕掛け売りの場合には、下降相場でも起こり得ます。

ショートカバーは、マーケット全般で使われる用語で、投資家の相場観によって作成したショートポジションを解消(決済)するために買い戻すことをいう。また、ショートポジションとは、売り持ちのポジションのことをいい、すなわち運用において、将来的な値下がりを期待して「売りの持ち高を取っている状態」であり、具体的には、株式の信用売り(空売り)、外国為替取引の売り、先物取引の売りなどがある。

例えば、外国為替取引において、ドル/円でドルショートの場合、保有する円買い・ドル売りのポジションに対して、円売り・ドル買いの取引を行って、ポジションを解消することを意味する。