押し目買いとは(おしめがい)


押し目買いとは(おしめがい)

始めから難しいことにチャレンジしなくても大丈夫!株式用語を普通の言葉で説明します。

株価が下がっていて(押していて)、そろそろ下げ止まって上昇しそうと思ったときに買うのが押し目買いですが、どんな押し目でも良いわけではありません。

儲かる押し目買いと、損する押し目買いがあります。

株式市場が勢い良く上昇したときと言うのは、裏を返せば、既に多くの銘柄が上昇した、という意味と同じです。こんなときに株価が下落している銘柄押し目買いしたとしても、それは相場全体が上がった中で投資家が物色しなかった残り物です。そういう銘柄が上昇する可能性は非常に低いので、上昇する可能性よりも下落する可能性の方が高くなります。

反対に、株式市場が大きく下落して、つまりほとんどの銘柄が下落してしまった後の、上昇相場の始まりなら、『前回大きく上昇した銘柄で、調整して押し目を作る銘柄』はたくさん出てきますし、そういう銘柄はまた大きく上昇します。こういう買い方なら、『押し目買いをしたけど失敗した』という事態は起きません。

過去に大きく上昇した銘柄が、下落する局面で買うことが、『儲かる押し目買い』だということです!

株価の下落の3つのパターンで具体的に見てみましょう。

① 少し上昇した後に下落したときの押し目買い

② ある程度株価が上昇した後の押し目買い

③ 本格的に株価が上昇した後に下落する調整局面の押し目買い

安全な押し目買いは①と③です。

②は、まだ上昇するだろうと期待して押し目を買ったところ、上昇せずにその後株価が下落した場合には、大きな損失を被る可能性があります。

①のように、少し上昇した後の押し目買いなら、たとえ思惑に反して上昇せずにそのまま下落してしまったとしても、上昇幅が小さかった分だけ下落幅も少なくなりますから、大きく損をする可能性は低くなります。山高ければ谷深し、というわけです。

また、①の場合の失敗例のように、損失が少なければ損切りの決心も簡単にできますが、②の場合で失敗して下落幅が大きくなると、売るに売れなくなって塩漬けを作りやすくなります。

③は、大幅調整の後に買うことになります。買った後に下げ続けることもありますから、このケースの押し目買いをする場合には、個別銘柄の株価だけを見るのではなく、株式市場全体の方向性も考慮する必要があります。

株式市場全体も大きく下がっていてOKとなれば、上昇幅の大きい銘柄に絞って押し目買いをする大きなチャンスです。前回の上昇幅が大きかった銘柄は、次の相場でも大きく上昇する確率が高いのです。大きく下落したところで買えれば、上昇が始まった場合に多くの人が「前回と同じ様に大幅に上昇するかもしれない」と考えて買ってきますから、短期間で大きく上昇する=儲けも大きくなる可能性が高くなります。

もっとも安全で、利益も一番大きくなるのが③の押し目買いで、次ぎが①の押し目買い。②は、しない方がよい押し目買い、ということになります。

①と②の見分け方

まだ少しの上昇なのか、既にかなり上昇したのかの違いですが、目安としては、株価が一番安いところ(底値)から①なら10%以内、②は30%以上の上昇を基本に考えればよいと思います。

もちろん、相場環境によってこの%は変えなければいけません。小さい上昇相場なら%はもう少し小さく、大きな上昇相場なら%はもう少し大きくしても良いのです。会員さん用の株価チャートでは、赤い『中期上昇波動ライン』が引かれたら、そろそろ高値圏だから注意する、という判断ができます。

究極の押し目買いとは、セリング・クライマックスで買うこと

③の押し目買いのチャンスは、そう頻繁にあるわけではありません。けれど、株式投資の勝者になるためには、株式市場が大きく下落して、まさに大きな上昇が始まるというときに買う『転換点投資』ができるかどうかが分かれ道です。さらにセリング・クライマックスともなれば、言うことなしです。

セリング・クライマックスの場合には、大きく上昇してから大きく下落した銘柄であればどの銘柄でも15%前後の利益を簡単に獲得することができます。谷深ければ山高し、です!

セリング・クライマックス相場で最も重要なことは、ほとんどの投資家が総悲観になっている中で買うことです。買うという行動が取れた時点で、ほぼ勝つことが約束されます。『勇気を持って買う』ことが第一です。

第二は、投資の基本に忠実な銘柄選択。平均上昇率平均出来高ストップ高上昇率空売り残高比率人気度ランキングなどを参考に、相場が始まった時に大きく上昇する可能性の高い銘柄を探しましょう。

最後に、目標を達成したら確実に売って、次の転換点に備えてください。