「第3波」をねらった戦略。エリオット波動理論

エリオット波動理論は、R.Nエリオットが提唱した株式投資についての テクニカル理論です。もちろん、FXにも適用できます。 エリオット波動理論は相場の動きを波にたとえ、その動きについて言及した理論です。
波の動きについてかなりこまかい取りきめがされていますが、 単純に「相場はN字を描きながら動く」と覚えても構いません。

このN字型の動きはダウ理論でよく語られていますが、実際はエリオット 波動理論のよって定義されたものです。ダウ理論の説明でよく混同して 語られているので注意して下さい。

エリオット波動による波の定義

エリオット波動では、ジグザグの波がどの位置にいるかによって第1波、第2波、第3波…と定義しています。
トレードを成立させるには、トレンドが必要であることは「トレンドの見極め方」 にも書いたとおりです。上昇もしくは下降局面のトレンドで狙うべきポイントは、 第1波、第3波、第5波と奇数の波になります。

eliot

エリオット波動理論を、トレードに応用するとどこを狙うべきかが見えてきます。

第1波を狙う

第1波を狙う戦略がレンジブレイクやドテンです。第3波以降をねらう戦略が 「押し目」です。これは為替相場の4つの戦局パターンで説明しています。
ここでは二種類の第1波戦略につて説明したいと思います。

第1波 (レンジブレイク)

rangeBreak

レンジブレイクの第1波をとるには、現在がレンジであることが条件になります。 また、ブレイクアウトの条件も明確にしておく必要があります。
そんなの当たり前じゃん! と思われるかもしれませんが、明確な根拠を持って 「レンジ相場」を定義するのは、なかなか骨の折れる仕事です。 「トレンド=角度」であると、自分で気づいた方なら定義できるかもしれません。 定義したあと、膨大な検証をして定義が正しいことを確認する必要があります。

また、ブレイクアウトはつねに成功するわけではないので、 だまし(ヘッドフェイク)だった場合に、どうするかを決めておかないと、 損大利小になります。

第1波 (ドテン)

doten

ドテンはレンジブレイクよりもさらに見きわめが難しい「第1波」です。 トレンドの終わりはボラティリティが不足し、反転するよりもレンジ相場 になる確率が高いためです。正確にドテンをひろった場合、レンジブレイク の比ではない利益を手にできます。
しかし、実際には高難易度のため、おすすめしません。

大きなリターンを上げるには、第1波を狙う必要がありますが、 ブレイクアウトもドテンも第1波の発生を確認するのが難しく、 勝率はかなり低くなります。よく1勝9敗でも勝てる戦術として語られているのが、 この第1波を狙った戦略になります。

ちなみに高速で少ない利益を積み重ねるスキャルピングは、第1波を狙うのには向きません。

狙うべきポイント

最も勝率がたかく和尚自身も重視しているのが「第3波」をねらった戦略です。 第3波は押し目にあたり、1回のトレードで得られるリターンは第1波よりも 小さくなりますが、勝率はそのぶん高くなります。エリオット波動理論でも 「第3波は推進波である1波、3波、5波のなかで、いちばん伸びが期待できるうえ、 第3波が最短になることはない」と語られています。

eliot3rd

1分チャートにおけるエリオット波動はより大きなタイムフレームでの 波動にくらべると長続きしません。もちろん、どこまで波が続くかは 神のみぞ知るところです。第7波以降をねらいに行くときは、トレンドが終わり レンジ相場やドテンが発生する可能性を常に念頭におく必要があります。

より慎重に行くのであれば、第1波の終りの高値を超えた時点で エントリーします。しかし、スキャルピングで勝負する場合、これでは遅すぎます。 第3波の始点でエントリーするのが結果的に勝率を高めてくれます。

しかし、過去チャートでは第3波の始点を見つけるのが容易ですが、 チャートの右端で判断するのはそれなりに技術と知識が必要になります。 また、このポイントの見極めるのが為替和尚流スキャルピング術の極意になります。

外国為替市場の取引時間

外国為替市場の取引時間と取引場所

外国為替市場は、世界中のいたる所にあり、よく「眠らない市場」といわれています。実際、土日を除き、24時間市場は動き続けていますが、その中でも取引の活発な時間帯と取引の大きな場所があります。ここでは、外国為替市場の「取引時間」と「取引場所」の基本事項についてまとめてみました。

■外国為替市場の取引時間

ロンドン為替市場
夏17~翌1時
冬18~翌2時

ニューヨーク為替市場
夏22~翌7時
冬23~翌8時

です。マーケットが動きはじめるのは少し前からの場合も多い

■外国為替市場の季節要因

外国為替市場には、毎年季節別の要因があり、各月の取引の活発度や特色に違いがあるので注意する。

日本 海外
1月(活発) 正月 欧米企業の期初、新規取引
2月(活発) リパトリ
3月(閑散) 本決算、会計年度末
4月(活発) 日本企業の期初、新規取引 イースター休暇(上旬)
5月(活発) ゴールデンウィーク
6月(普通) ボーナスシーズン
7月(普通)
8月(閑散) お盆休み 夏休み
9月(普通) 中間決算
10月(活発)
11月(活発) リパトリ、感謝祭(下旬)
12月(閑散) ボーナスシーズン、年末休暇 会計年度末、クリスマス休暇

■外国為替市場の3大市場

外国為替市場は世界中にあるが、その取引の中心となるのがロンドン、ニューヨーク、東京の3大市場。

・世界第1位:ロンドン外国為替市場
・世界第2位:ニューヨーク外国為替市場
・世界第3位:チューリッヒ外国為替市場(スイス)
・世界第4位:東京外国為替市場
・世界第5位:シンガポール外国為替市場

 

クセ者たちが暴れやすいニューヨーク市場

為替市場の最後を務めるニューヨーク市場は、ヨーロッパ・ロンドン市場とは半日重なっており、ニューヨーク市場がクローズする前にはウェリントン・シドニー市場がスタートします。したがって、ニューヨーク市場の午前中の市場流動性は、他の市場に比べて大幅に高くなります。

この時間帯は、クセ者揃いの米系ファンド筋が活発に取引する時間帯でもあり、米国発表の経済指標の数字によって、相場がダイナミックに動くのが特徴です。

ここに注意!

注意すべきなのは、ここでもニューヨーク時間に入った直後に、ヨーロッパ勢がロスカットをつけさせられることがよくあるということです。

たとえば、ヨーロッパ市場で買い上げられていたら、最初に売ってヨーロッパ勢の買いポジションを損切りさせた後でニューヨーク勢が本格的に買い上げてくるといったことがよくあるパターンです。

予測しにくいニューヨーク市場

デイトレードにおいて、その日の予想を立てる場合は、日本時間の朝から欧州時間が始まるぐらいまでの値動きを一つの区切りとして考えた方が良いでしょう。

なぜなら、欧州時間に入って、欧州時間に関する経済指標が発表されると、相場の動きはそれに大きく左右されるからです。ニューヨーク市場も同じです。

つまり、レンジの予測には有効期限があると考えてトレードした方が良いということです。

特にドルは米国の基軸通貨ですから、米国の経済指標が値動きに大きな影響を与えます。
逆に、日本で発表される経済指標が、ドル/円のレートに影響を及ぼす部分は少ないともいえます。これはドルと円の力関係に起因しているためです。

したがって、日本時間の夕方から始まる欧州市場や、日本時間の深夜がメインのニューヨーク市場で取引する際は、経済指標の結果に注目した反射神経頼みのトレードにならざるを得ません。

雇用統計とオプションカットは要注意!

特に、毎月第一金曜日に発表される雇用統計の数字は、ドル/円を大きく動かすので要注意です。雇用統計が発表される時間帯は、夏時間の場合だと日本時間の午後9時半、冬時間だと午後10時となります。

また、ニューヨークのオプションカットと呼ばれる時間帯も要注意です。これは、ニューヨーク時間の午前10時(夏時間なら日本時間の午後11時、冬時間なら午前0時)が該当します。

この時間帯には、ニューヨークカットのオプション(※)があるため、為替相場が動意づきやすくなります。

(※)オプション取引とは、ある投資対象を、あらかじめ決められた価格で取引するための権利を取得するもの。

為替市場では24時間連続して取引されているとはいえ、オセアニア、アジア、ヨーロッパ、ニューヨークの市場を大きく分けて捉え、それぞれにフレッシュな気持ちでトレードを考えた方が良い結果につながります。

ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、抵抗線支持線もみ合いなどの一定方向に向かっているトレンドラインを突き抜けて上や下に価格が放れること。

簡単に言うと、今までの相場の流れから外れ、新たなトレンドが形成される兆しである。

抵抗線は下降している高値と高値を結んだ線で、その線を上に突き抜けて上昇すれば、ブレイクアウトとなり買い、支持線は上昇している安値と安値を結んだ線で、その線を下に突き抜けて下落すれば、ブレイクアウトとない売りである。

そして、価格がもみ合ってほぼ水平になり、その水平から上にブレイクアウトすれば買いで、下にブレイクアウトすれば売りとなる。

ただ必ずしもトレンドラインをブレイクアウトしたからといって上昇したり、下落するとは限らずだましに終わることもある。

r34
↑(支持線やもみ合いをブレイクアウトして相場の方向が変わっている。抵抗線はこの逆。)

 

◆なぜブレイクアウトが起こるのか?

 

ブレイクアウトは、ニュース、経済指標等のファンダメンタルズ要因、
または重要なテクニカル水準をブレイクしたときに発生します。

 

価格が重要なテクニカル水準を何度も抜けられない場合、
レンジ相場が多くの参加者の目に留まります。

 

この状態は相場にエネルギーが蓄積されている状態です。

 

そしてその後、一度ブレイクアウトが発生すると、損切注文を巻き込みながら、
勢いを増していくことになります。

 

つまりストップを巻き込むことと、新規の建玉が発生することで、
売りと買いの均衡が崩れ相場が一つの方向に動くのです。
cfb6acc2-s

これがレンジブレイクのパターンです。
これとは別にトレンドが行き過ぎた時に底値圏または高値圏から、
一気に反転するパターンがあります。

 

この場合は、今までポジションを保有していたトレーダーがポジションを決済したり、反対方向にポジションを建てた場合に、トレンドの転換が発生します。
874af22a-s

 

◆ブレイクアウトの定義とは?

 

以前このような質問が寄せられました。

 

>数値でいうとラインから何pipsくらい動いたらブレイクアウトと考えますか?
>20~30Pipsくらいかなと思っていますがどうでしょうか?
ブレイクアウトの定義に「~Pips」という明確な定義はありません。

 

ブレイクアウトしたか、していないかの判断は、
あくまでも「視覚」「チャートの形状」で判断するようにして下さい。
Pipsではなくチャートの形状で、「明確に抜けていったか否か」でブレイクアウトを判断します。

 

例え「何Pipsでブレイクアウト」と定義したとしましても、
相場のボラティリティ(変動幅)は常に変化していますので、
ボラティリティが大きく変われば、相場に適さなくなってしまうからです。

 

仮に「サポートレジスタンスを10Pips抜けたらブレイクアウト」と定義したとしても、
一時間で100Pips以上動く相場と、20Pipsしか動かない相場では、
10Pipsのもつ意味が変わってしまいますよね?

 

ということで、視覚で「明確にブレイクアウトした」と判断するのが一番良いと思います。
○ブレイクアウトの発生

ブレイクアウトは次の様な局面で発生すると考えられます。
★上昇トレンドで超えられなかった高値(抵抗線・レジスタンスライン)を越えてゆく時。
★下降トレンドで切れなかった安値(支持線・サポートラインを切って行く時。
★レンジ相場でサポートもしくはレジスタンスラインをどちらかに抜けてゆく時。

なぜ、ブレイクアウトが起こるかといいますと、どちらの方向に、迷っていた相場が、高値、安値をそれぞれ超えることで、みんな一斉に、同じ方向へのポジションを持ち始め、尚且つ、「売り」「買い」反対のポジションを保有していたトレダーやディラーが一斉に損切するためブレイクとなる訳です。それでは、実際のチャートで紹介しましょう。
<このチャート画像は実際に私がトレードした時の勝ちパターンの1つファイルからのものです>

dawup FX dawdown
 上のチャートは5分足チャートで、チャートも見てもらえばお分かりになると思いますが、ブレイクアウトした時は、ほとんどリスクもなく。短時間で利益が取れるのです。

プロスペクト理論とは、

プロスペクト理論とは、カーネマンとトヴァスキーによって提唱された意思決定理論で、
・人は、基準値よりプラスの領域では危機回避的になり、基準値よりマイナスの領域では、危険追求的になる。また、プラス、マイナスの絶対値が大きくなるほどその傾向が強まる
・人は、それが同額であれば、基準値よりプラスであった満足度より、マイナスであった悔しさの方が大きい
といった人の意思決定には、その人の設定してる基準が影響を与えるとする理論。

例)
A)ある投資により、100万円既に儲かっている。このまま投資を継続すれば、80%の確率で儲けは130万円になるが、20%の確率でゼロになる。
B)ある投資により、100万円既に損している。このまま投資を継続すれば、80%の確率で損は130万円になるが、20%の確率でゼロになる。

期待値から計算すると、Aの場合は投資を継続し、Bの場合は投資を継続しない(損を確定させる)方が好ましい。
しかし、多くの人は、Aの場合には、投資を継続せず(利益を確定させる)、Bの場合には投資を継続するという判断を行う。

米10年債利回りとダウと為替の関係

金利と株価と為替の切っても切れない関係

下のグラフをご覧ください。

rate_relations_clip_image002

米国NYダウ株価と金利の推移

為替王オリジナルチャート

 

青色が、米国NYダウ株価指数の推移(目盛りは右軸)です。

赤色が、米国の長期金利(米国10年債利回り)の推移(目盛りは左軸)です。

 

過去10年の長期的な推移を私が独自にグラフ化しました。

 

株価(景気)と金利のサイクルが見事に連動しています。

当然といえば当然です。

 

なぜならば、金利は株価や景気の動きを反映して変化するからです。

 

金利をしっかり理解して分析することができれば、

株価や景気もしっかり見えてきます。

 

もうひとつ、グラフをご覧ください。

 

 

 

為替レートと金利の推移

為替王オリジナルチャート

rate_relations_clip_image004

青色が、為替(ドル円)レートの推移(目盛りは右軸)です。

赤色が、米国の長期金利(米国10年債利回り)の推移(目盛りは左軸)です。

 

過去10年の長期的な推移を私が独自にグラフ化しました。

 

為替と金利のサイクルが一時期を除いてほぼ連動しています。

特に2005年ごろからは連動性が強まり、2007年~2008年にかけては

為替と金利の動きがピタリと一致しています。

 

さきほどの、金利と株価の関係と同じく、金利と為替も密接な関係があります。

 

金利をしっかり理解して分析することができれば、

為替動向もしっかり見えてきます。

 

金利については、上がったとか下がったとか、いま何パーセントだとか

上辺のことだけでなく、金利とはなにか? 金利にはどんな種類があるのか?

金利はどういった要因で動くのか? など本質的な部分をしっかり勉強することが

不可欠です。

利益確定ポイントを見つける2つの方法

池辺氏のいう通り、「超円安時代」が到来するならば、FX投資家にとって大きなチャンスとなるが、大切なのは、エントリーと利益確定のタイミングだ。そのためにもテクニカル分析は不可欠。

池辺氏が主にチェックしているのは、チャート分析の基本となる「移動平均線」、逆張り系指標の「RSI」、トレンド転換予測に優れた「MACD」、ボックス相場で効果を発揮する「ストキャスティクス」、さらに標準偏差を用いた「ボリンジャーバンド」などだ。このうち、3つ程度のサインが一致したときにエントリーするようにしているという。

とはいえ、トレンドの発生とともにうまくエントリーできたとしても、きちんと利益確定できなければ意味がない。池辺氏が、利益確定ポイントを見つける2つの方法を紹介してくれた。

利益確定ポイントを見つける2つの方法

「1つは『倍加法』。直近のレンジ相場の高値と安値の値幅分を、トレンドに当てはめた水準が当面の目標値になります。もうひとつは『値幅観測法』。こちらはレンジ相場以外で発生したトレンドで使うやり方で、直近の高値と安値の値幅を次の高値あるいは安値のメドとして考えます」(池辺氏)

池辺氏はこうした手法をうまく組み合わせて、FXで大きな利益を積み上げてきたのだ。

パリバショック

パリバショック

 

英語名: Paribas shock

分類: 国際情勢|金融危機

パリバショックは、2007年8月に、フランスのパリに本拠を置く世界有数の金融グループの一つであるBNPパリバ((BNP Paribas)を発端とするサブプライム問題の出来事をいう。これは、2007年8月9日に、米国の信用力の低い個人向け住宅融資であるサブプライムローン関連の証券化商品の市場混乱をきっかけに、BNPパリバ傘下のファンドが投資家からの解約を凍結すると発表したことにより、世界のマーケットが一時的にパニックに陥ったもので、特に為替相場は短期間に大きく動いた。

 

2006年頃から米国の住宅市場が変調をきたし、サブプライムローン等の延滞や債務不履行が増え、また2007年にはサブプライムローン関連の証券化商品のリスクが市場において囁かれる中でパリバショックが起き、そのリスクが本当のものになった。なお、パリバショックの時点では、金融当局・市場関係者・金融機関等もサブプライム問題の深刻性を十分に理解しておらず、その約一年後にリーマンショックが起こり、最終的には世界金融危機へと発展した。

5月のPIPS

  1. 5/30   14pips
  2. 5/30      16pips
  3. 5/27   19pips
  4. 5/26   30pips
  5. 5/26   51pips
  6. 5/21      10pips
  7. 5/19     -20pips
  8. 5/16  -22pips
  9. 5/16   44pips
  10. 5/9  -242pips ECB理事会、ロスカットミス
  11. 5/8        2pips
  12. 5/7      -25pips
  13. 5/7       29pips
  14. 5/2   -5pips

____________________

                 – 127pips