「未分類」カテゴリーアーカイブ

カップ&ハンドル

今回はカップ&ハンドル

このカップ&ハンドル

日本では気をつけている人は少ないと思いますが

欧米では人気のテクニカルだそうです。

相場を操っているの人の多くが欧米の機関投資家なのであれば

このカップ&ハンドル知らないともったいない。

では、下のチャートで説明します。

このチャートは最近のユーロドルで起こっているんですが

収縮相場から一気に下がった相場が反発され

下がり始めた始点に戻ってきました。

ここでカップ&ハンドルを形成すると読み

ショートで入るトレーダーもいると思います。

しかし、確実な方法は右の取っ手部分の形成を待つこと。

取っ手部分がゆっくり調整で下がってくる時に

上昇チャネルを作ってくるとOK。

チャネル下限でロングエントリーします。

今回は綺麗にABCパターンでチャネル上限をブレイクしてます。

チャネル下限でエントリーできなくても大丈夫。

チャネル上限をブレイクした後

押し目が入りチャネル上限を確認しに来て

ロールリバーサルでロングエントリー…という判断もあります。

目標はカップの深さと同じだけ伸びる可能性がありますので

分かりやすいと思います。

では何故このように反応するのでしょう?

一概には言えませんが、考えられることは・・・

CUP.jpg

ショートで入った勢力が

徐々に上げてきた相場にじわじわと殺されていきます。

付け根まで来ると

①ロング勢力が利確します。

②新規のショートも入ってきます。

③頑張っていたショート勢力が諦めて損切りや建値で逃げます。

こういう事情で揉み合いに入りますが

中身はスカスカです。

①②が終了すると、少しの買いでも上がっていくのでしょう。

比較的チャートによく出現しますが

見逃すことも多いので注意が必要ですし

綺麗な形ほどよく反応するのは言うまでもありません。

もちろん、他のテクニカルと合わせて使う…という事を忘れないでください。

Page Builderの使い方

テスト

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

テストテストテストテスト

Page Builderの使い方

テスト

テストテストテストテスト

Page Builderの使い方

2月周期

1時間足

1週   ↑買い   ↑買い 2回
2週  ↑買い  ↑買い 2回
3週  ↓売り   ↓売り  ↓売り  ↓売り 4回
4週  ↓売り  ↓売り  ↓売り  ↓売り 4回
5週  ↓売り 1回
 13回

1月周期

1時間足

1週 0回
2週  ↓売り  ↓売り  ↓売り  ↑買い  ↑買い 5回
3週   ↓売り  ↑買い  ↑買い 3回
4週  ↑買い  ↓売り 2回
5週  ↑買い  1回
 11回

Draft

 

ddddddddddddd

ecb

 

ddddddddddddd

ecb

 

ddddddddddddd

ecb

 

ddddddddddddd

ecb

ロンドンブレイク

コレだけで週に50pipsは稼げる! 最高率のブレイクトレード手法

ブレイクアウト、日本ではブレイクと言われていますが、このトレード手法はとても簡単ですぐに役に立つ順張りのプライスアクショントレードです。これをMACDやボリンジャーバンドを使っても似たようなエントリーポイントが確認されますが、テクニカル分析無しでもできます。初心者でも出来る手法です。単純ですが、これだけやっても1週間で50pipsは普通に稼げます。むしろ稼げない方がおかしいです。

まず水平に動いている価格の動きを確認します。いわゆるレンジ場の動きに注目します。レンジ場では上下の幅が小さいのが特徴で、上と下にラインを引いて、ラインを超えれば順張りでポジションをとります。このような動きはロンドン市場のオープンに良く見られ、週に3回くらいあります。私がロンドンブレイクに注目する理由はココにあります。

**NYボックスの場合だと、ロンドンの市場がオープンした後ですので、レンジ場からのブレイクにならない場合が殆どです。ですから逆走する事がより多く、その為にリバーサルのルールなどが必要になっているわけです。しかし、レンジ場からのブレイクは殆どが一方的な動きになっています。そして損切りラインも小さくて済みます。

これも同様です。チャートは5分足です。赤丸印がちょうどロンドンの市場がオープンした時のロウソクです。あのロウソクがクローズした辺りにMACDや移動平均線のデッドクロスが出ますが、いちいちそれらに頼る必要はありません。それらのツール無しでも支持線と抵抗線を引いていれば同じエントリーが可能です。基本的には「ラインを超えたら順張り」、これだけです。気をつけたいのはちょっと超えたからといってすぐエントリーするよりも少しだけ様子を見た方が良い場合があることです。手堅くやりたいのならラインを超えた後の反発を見てからエントリーするやり方もあります。図でも確認できますね。ブレイク後の小さな反発は良くありますよ。

ブレイクを狙ったトレード手法の中でも最も安全なのがレンジ場からのブレイクです。そしてそれはロンドン市場のオープンに良く見られるのです。「こんなに簡単に稼げたら苦労するわけない!」と信じられない人もいるでしょう。でもシンプルなものほど成功するものが多いんです。覚えていますかダウ理論?FXを始めたばかりの頃に学習しませんでした?実はあれが一番大切なものです。あの基礎を知らない人はEAに走ったり、あらゆる複雑なテクニカル分析によるトレード手法に走るでしょう。特に初心者はテクニカル分析に騙されやすい傾向があります。テクニカル分析ツール自体が「ダマシ」であると言っても過言ではないほどです。^^;

今度はちょっと別の角度から見てみます。ブレイク後の逆走も時にはあります。上の図でも分かるように、最初のブレイクで下落しました。ところが今度は反発して逆走しました。しかもレンジ場の抵抗線を抜けて逆走してしまいました。ボーリンジャーバンド的な表現(John Bollingerが名前をつけたのが理由)では「ヘッドフェイク」と呼ばれる価格の動きです。このような動きはそれ程多くないので心配する必要はありません。とにかく損切りをきっちりと設定していれば良いのです。時にはこういう事もあると考えた方が楽です。ファンダメンタルズ的には色々な理由があるでしょうけども、相場分析にはそれ程難しく考えずに損切りして次のチャンスを狙えば良いのです。

ブレイクのトレード手法は色々ありますが、今回紹介したレンジ場からのブレイクは最も勝率が高く安全なものです。これはしっかりと覚えておいてください。これ以外のブレイク狙いのトレードは全て勝率が低いです。これは軽く断言できます。例えNYボックスで億を稼いでいるトレーダーが存在していても無関係です。それは、先ほども言いましたが、レンジ場から抜ける価格の動きというのは一方的な場合が多いからです。

そのロジックはこうです。ファンダメンタルズ的に言うと、いわゆる「材料待ち」の期間がレンジ場であり、投資家達がどちらにも動けない状態にあります。ですから価格の動きが小さくて小さな波すら確認できない事が殆どです。でもレンジ場のような相場の動きはそれ程長く続きません。相場が動く材料はすぐ飛び込んできます。そしてレンジ場の時に何らかの材料が飛び込んできたら、ここぞとばかりに取引が活発になります。この動きは、レンジ場以外の時とは違います。レンジ場以外の相場は、ある程度の波を描いていますので、常に材料を餌にしながら動いています。例えるなら相場のお腹がある程度満たされている状態ですね。でもレンジ場というのは、相場がお腹が空いている状態(材料待ち)のようなものです。ですから材料待ちの時に材料が飛び込んでくると、急激な反応をするわけです。それが一方的なトレンドの形成としてチャートで見られるのです。

ライブでレンジ場を発見したらブレイクを狙いましょう。そしてそのブレイクを狙えるチャンスが多いのがロンドン市場のオープン時です。時には1時間前にブレイクが起こったりもしますが、いずれにしても欧州勢の参加が鍵になっています。東京市場で相場が活発なのはそのオープン時であって、お昼を過ぎる頃からはあまり動かなくなりレンジ場になる事が多いです。表現的にも「欧州勢の参加待ち」などといって相場に動きが見られなくなりますね。

■東京市場とロンドン市場の値動きのクセを利用する

■東京市場とロンドン市場の値動きのクセを利用する

「いちばんカンタンにわかるのがチャートのパターンからの推測です。とくに、東京市場とロンドン市場の値動きのクセの違いは利用しやすいと思います」

24時間地球のどこかで取引されている為替市場。時刻によってメインとなる都市があり、どの都市がメインとなるかによって特徴が異なる。

関連記事≫「為替市場は眠らない」

「為替市場にはさまざまな参加者がいますが、東京市場は実需が中心。実需というのは、投資目的ではなく、貿易決済のために外貨を使う会社からの注文です」

たとえば自動車メーカーや家電メーカーのような日本で作ったものを海外に売る輸出企業。彼らはアメリカで売り上げたドルを円に交換しようとする。逆に電力会社のように海外からLNGを買って発電する輸入企業もある。輸入企業は円をドルに交換しようとする。

「ドルを売りたい輸出企業は少しでも高く売りたいから、上がったら売ろうとして相場を下げる力になります。外貨を買いたい輸入企業は少しでも安く買いたいから下がったら買おうとして相場を上げる力になります。実需中心の東京市場ではこうした企業の取引によって、値幅が広がりにくいんです」

■イヂワルなロンドンは東京に損切りさせる

午前中と夜とでプライスボードを見比べてみると、チカチカの頻度がまったく違う。午前中はチカチカというよりはチカ…………チカ……チカとゆっくり価格が変わるが、夜になるとチカチカチカッと瞬時にレートが変わっていく。ロンドンやニューヨークの時間はそれだけ取引が活発だということ。

値動きがじんわりで一定の値幅でおさまりやすい東京市場だが、それでもまったく方向性が出ないわけじゃなくて、なだらかな動きをしがち。じわじわと上がったり、ね。

「日本時間の午後3時くらいになると早起きなロンドン勢が動き始めます。彼らが何をするかというと、ロンドンは投機的な取引を好みますから、東京勢の損切りをつけさせようとするんです。東京時間にジワジワ上がっていたら『買っている人が多い』ということですから、東京勢が置いた損切りを発動させようと、売り浴びせてくるんです」

関連記事≫「実需?投機筋?為替市場に集まる参加者の思惑」

ロンドン勢が売りを入れると、相場はじんわり下がっていく。東京市場の投資家たちの損切りがつくと、相場は急落する。無事にそれを見届けたらロンドン勢は自分たちの売りポジションを買い戻して、ひと仕事終了というわけだ。